記事一覧

誰にでもできる酢靴下で水虫菌を退治する!

水虫の原因となる白癬菌。白癬菌は「真菌類」といって寄生により生きていく性質をもつ真核細胞生物です。一般の細菌と違うため抗生物質では効きめがなく、専用の治療薬が必要となってきます。ところが、台所にある食材でこの真菌類を退治してしまうものがあるのです。それが「酢」です。酢の殺菌効果はよく知られており、昔から足に酢をつけて水虫を退治する方法は、民間療法として広く用いられてきました。

水虫の完治が難しいのは、皮膚の表面だけ殺菌しても、水虫にとっていい環境がそろえば、再びぶり返すこと。それは皮膚表面だけでなく、中までももぐり込んで生き残っているものがあるため。湿気があると、また悪化するのはそのせいなのです。しかし酢は殺菌するだけでなく、中まで浸透してゆく効果があります。ただしスーパーなどで売られている安価な酢は、皮膚表面を殺菌するだけで、中まで浸透せず、肌にもよくありません。そこでおすすめなのが、黒酢のように長い時間をかけて発酵・熟成させてできたお酢。

発酵・熟成に時間をかけたお酢は、非常に強い殺菌力があるものの、酢酸の刺激は弱いので肌にしみることがありません。また、皮膚を修復するアミノ酸や炎症を改善するビタミンB1やB2なども豊富に含んでいます。そのようなお酢を水で薄めて塗るだけでも効果がありますが、市販の五本指靴下を使い、次の手順で「酢靴下」を行えば、よく浸透して、いっそう高い効果が得られるでしょう。

①酢適量を10~20倍程度の水で薄めて、水虫のある部分にかける。症状のひどいところ、指股はとくにていねいに

②指がぬれたままの状態で、五本指の靴下を履く。その上から、さらに①をかける

③靴下を履いた足をビニール袋で包み、足くび部分を輪ゴム等で止め、2時間ほどおき、最後に水できれいに洗い流す

手汗 改善法