記事一覧

くさい靴の臭いがたちまち消える30円療法

ご近所や友人のお宅に行ったとき、玄関で何ともいえないいやな臭いがして、一味引いてしまった…という経験ありませんか? どこのお宅でも玄関には、下駄箱と何足かの靴が並んでいますね。臭いのもとは、その靴だったりします。またそれとは逆に、靴を脱いだら自分の靴や足がくさかった、という恥ずかしい経験をした人もいるかもしれません。靴やブーツ、スニーカーから発する悪臭の原因は、汗などの栄養と湿気で繁殖したカビ臭がほとんどです。

いくらあなたが足の臭いに気を配っていても、靴に悪臭が染みついていたら、せっかくの努力もムダになってしまいます。そこで、手軽にできる靴の消臭方法をお教えしましょう。それは、「靴の中に10円玉を入れておく」という方法です。実は、10円玉には、悪臭を消す、すごい力があるのです。10円玉の素材である銅には、イオンの作用で臭いを発散する働きがあるのです。

最近ではこの銅の効果をいかし、靴の中敷きにも銅線が入っているものが市販されているほどです。しかし、中敷きを買わなくても、10円玉を入れれば同じような効果が得られます。やり方は、脱いだ靴の中に10円玉を3枚入れるだけ。名づけて「30円療法」です。30円入れた靴は、乾燥した風通しのよい場所に置いておくと、さらに効果的です。また、使う10円玉は新しいものがベターですが、さびているものでもOK。今日から早速靴に30円を入れてみませんか。