記事一覧

毎晩の習慣にして腸内をすっきり、足バタ・ガス抜き法がおならの悪臭を改善

おならの正体とは、何でしょうか。それは腸内に滞った老廃物から発生したガス。それが、おならとなって出るわけです。健康体なら、明朗な音でそれほどくさくありません。けれど臭いの強い音のない、漏れるようなおならは、腸の活動や直腸や肛門の機能が低下しているとも考えられます。たかがおならと、おろそかにはできないのです。腸内の働きをはかるバロメーターとなり、病気の兆候さえも教えてくれることがあるからです。腸内にたまったガスは、腸管の血管や神経を圧迫します。

圧迫によって機能が低下した各器官は、外部から侵入した病原菌に冒されやすくなります。これが病気の原因になるのです。その証拠に、生活習慣病の初期の人や、末期ガンの患者さんの腸内には、恐ろしいほどのガスが充満しています。肩こり、腰痛、冷えの症状も、たまったガスが原困になる場合が多いようです。ガスが腸内にたまったままだと、腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えていきます。この悪玉菌が、発ガン物質を作り出すことも分かっています。おならが異常にくさい人や、おならが出すぎる人は、体がなんらかの危険信号を発していると考えられます。腸内に老廃物がたまっていて、悪玉菌が増加していると判断できます。

この状態を避けるには、まず体にとって害となる腸内のガスを抜き、腸内を正常な状態に保つ必要があります。そこでおすすめしたいのが、「足バタ・ガス抜き法」です。やり方は、うつぶせになって、足をバタバタさせるだけ。足をバタバタさせると、腸が働き出して、たまっていたガスを抜くことができるのです。ガスをためたままにしておくと、疲労の回復が遅くなるので、夜寝る前に、うつぶせになつて足バタ・ガス抜き法をするのがおすすめです。ガスが抜けてお腹がすっきりしたら、よく眠れて疲労も取れやすくなり、すっきりとした朝を迎えることができると思います。