記事一覧

手作り布ナプキンで生理のときの不快な臭いが消えた

女性には、生理(月経)があります。生理中には、体臭も強くなるといわれていますが、それはホルモンバランスの変化の影響ですから、仕方のないことです。しかし、長時間生理用ナプキンを当てていることで、膣周辺がむれて、臭いが強くなることは、何とか解消したいことでしょう。実は、そのような悩みを解決できる優れものがあります。それは、自分で作ることもできる「生理用の布ナプキン」(市販の布ナプキンもある)です。

これは、市販の使い捨てナプキンとは異なり、使用後に洗って何度も使うことができるというものです。「汚いのではないか」と抵抗感をもつ人もいるかもしれません。ですが、実際に使っている人の話を聞くと、意外なほど手作りナプキンの月経血は臭わず、肌にもやさしいといいます。会社員のHさん(39才・女性)も、数年前から使い始めたそうです。「私は、友人にとてもいいから使ってみてと市販の布ナプキンを頂いたんです。最初は、どうかな?と抵抗感もありましたが、生理が終わりかけのときに、布ナプキンを使ってみたんです」。

布は通気性がよいため、むれを防ぎます。また市販のナプキンと違って、汚れを敏感に感じることができるので、長時間つけっばなしにすることが減るのだそうです。実際に使ってみると、とてもいいものだと実感したそうです。「一度使い始めたら、布ナプキンのほうが好きになってしまいました。いまでは、生理中で自宅にいるときは、いつも布ナプキンなんですよ。私の友人の間では、流行っています」と教えてくれました。このように、布ナプキンを使えば、生理中の不快な臭いは、意外とあっさり解決できるのかもしれません。