記事一覧

遠赤外線の強力な殺菌能力が足の悪臭を除去する、驚きの溶岩靴下

靴や靴下で長い時間足をおおってむれた状態にしておくと、汗は足の常在菌によって分解されて臭いを発生させます。とはいえ、私たちの日常では、仕事においても、おしゃれをするにも、靴を履かずに生活することはできません。でも靴なしの生活は無理だから、少々くさくても仕方がないと諦めることはありません。解決には、発想を逆転させればいいのです。

靴を履いていても、足の常在菌が少なくなれば汗の分解は抑えられ、いやな臭いも軽減できます。つまり、殺菌力のある靴下を履いて、常在菌の少ない環境にすれば、足の臭いは抑えられるということです。殺菌効果のある靴下はたくさんありますが、なかでも「溶岩靴下」は優れた消臭効果を発揮します。溶岩靴下とは、溶岩を粉砕して微細なパウダーにし、繊維に練り込んで溶岩染めを靴下にしたものです。

最近では、インターネットなどの通信販売で手軽に手に入るようになつています。溶岩は遠赤外線を放射しており、遠赤外線は食品の殺菌にも使われるほど、優れた殺菌力があります。さらに溶岩には、体によい効果を与える30種類以上の天然のミネラル成分が豊富に含まれていますが、その中の亜鉛や銅には殺菌作用があるのです。足の悪臭成分は、具体的にはアンモニアガスや硫化水素ガスなどです。溶岩靴下でこの悪臭成分の除去効果を実験したところ、アンモニアガスは99%、硫化水素ガスは89%を除去するという結果が確認されています。

つまり遠赤外線とミネラルの各成分による相乗作用が、優れた殺菌効果を発揮していると考えられます。また白癬菌に対しても優れた抗菌作用が認められました。水虫も臭いの原因のひとつですから、大変ありがたい効果です。暑い季節だけでなく、暖房の効いている冬も、人前で靴を脱いだりするときは、足の臭いは気になるものです。しかし、季節に関係なく、溶岩靴下を履いていれば、足の臭いを気にすることはありません。さらに足の余分な角質も取れて、しっとりツルツルのくさくない足も夢ではないはずです。