記事一覧

強い抗菌作用でいやな臭いを消す天然除菌のホタテの貝殻水

蒸し暑くなってくると、足の臭いが気になるという人が多いのではないでしょうか?足の臭いを防ぐ防臭スプレーなども市販されていますが、できれば自然の成分が好ましい、そう思っている人は少なくありません。最近、そんな悩みをもつ人たちから注目されているのが、「ホタテの貝殻水」です。実は、ホタテの貝殻には強い抗菌・消臭作用のあることが、貝殻の再利用の研究過程で明らかになりました。ただ、貝殻をそのままの状態で利用することはできません。

そこで、まずホタテの貝殻を細かく粉砕し、特殊な方法で貝殻を高温で焼いた”ホタテ貝殻セラミックス”にします。これを天然水で溶かしたものが、通信販売などで手軽に手に入るホタテの貝殻水なのです。ホタテ貝殻セラミックスは、抗菌や消臭だけでなく、防虫、有害化学物質の分解などにも効果があります。使い道はいろいろありますが、足の臭い対策にも大変有効です。とくに夏になると、靴の中は湿度と温度が高くなり、バクテリアや白癬菌の格好の棲み処になっています。

バクテリアは汗や角質などをエサとして分解しますが、このときにいやな臭いを発するのです。しかしホタテの貝殻水は強い殺菌効果でバクテリアの繁殖を抑えて、臭いも軽減してくれます。このホタテの貝殻水に強い抗菌作用があるのは、ホタテ貝殻セラミックスに含まれるホッキ貝酸化カルシウムが強いアルカリ性を示すからだと考えられています。強アルカリというと通常なら皮膚にも影響が出るのですが、ホタテ貝殻セラミックスの場合、まったく害がありません。

アメリカで行われた刺激性テストでもホタテ貝殻セラミックスは、蒸留水よりも刺激が少ないという結果が出ています。使い方は、1日に数回、足や靴にホタテの貝殻水をスプレーするだけ。たったこれだけで、靴や足のいやな臭いが驚くほど少なくなるのです。なかにはホタテの貝殻水で、長年の水虫が治り、足の臭いが消えたという人も。地球に、そして人にもやさしい天然素材100%のホタテの貝殻水。臭いを気にすることなく人前で素足になれる! そんな自慢の足を目指しましょう。